みやざきジュニアプログラミングアワード2020の共催

本選日程:2020年2月29日(土)
会場:宮日会館11階ホール(宮崎市高千穂通1-1-33)
主催:宮崎日日新聞社
共催:宮崎県情報産業協会、宮崎市ICT企業連絡協議会(Miyazaki IT Plus)
特別協賛:学校法人 宮崎総合学院
後援:宮崎県、宮崎県教育委員会、宮崎県市町村教育委員会連合会
協力:宮崎大学、都城工業高等専門学校
HP https://www.the-miyanichi.co.jp/special/programming/2020/

県内の児童がプログラミングのアイデアなどを競う「みやざきジュニアプログラミングアワード2020」(宮崎日日新聞社主催)の本選は29日、宮崎市の宮日会館でありました。低学年の部大賞は同市・宮崎大付属小3年の迫園梨央さん(9)、高学年の部大賞は同市・小松台小6年の松田啓介君(12)が選ばれました。
 本選の特集は3/12宮崎日日新聞に掲載。なお本選の様子を収めた動画は、宮崎日日新聞ホームページ上でご覧になれます。

・低学年の部
  大賞  作品タイトル:「はしゃぎ犬とフラッシュ暗算」
              迫園梨央(宮崎大学教育学部附属小学校3年)
  準大賞 作品タイトル:「ねこの音あてゲーム」
              紙屋ひなた(都城市立西小学校3年)
  努力賞  2名
・高学年の部
   大賞  作品タイトル:「元素の選択 300秒」
               松田啓介(宮崎市立小松台小学校6年)
準大賞 作品タイトル:「Magic Wand」
平川 晴茄(宮崎大学教育学部附属小学校5年)
努力賞  4名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください